【レビュー】中国製ラベルプリンターXprinter XP-420Bを買ってみた

仕事用のNEC製レーザープリンターがついに印刷できなくなったのでプリンターを買い替えました。ひとつはキヤノンのギガタンクインクジェットで文書印刷用。さらにクリックポストなどラベル印刷用に中国製の感熱プリンターを買ってみることに。Aliexpressでよく見かけるXprinterの製品です。

商品概要

購入したのはXprinterXP-420Bという感熱タイプの小型プリンターのWiFi対応モデル。最大A6までのラベル印刷に対応します。Aliexpressで送料込み11, 476円なり。Amazonでも似たような製品売ってますが、Aliexpressのほうが5,000円ぐらい安い。11/30注文で12/13日に到着です。

クリックポスト

日本郵政クリックポストはA6サイズのラベルを使用します。詳しく説明するのは省きますが、ラベルプリンターでは、100mm x 150mmや4 x 6インチのラベルを使えばオッケーです。Amazonで2ロール(700枚)2,800円なので、1枚あたり4円です。普通紙に印刷して切って貼ったほうが安いけどね。

開封してみた

同梱品は、本体のほか、ACアダプター、電源ケーブル、USBケーブル、ロールホルダーなど。一応、英文説明書付いてます。電源ケーブルが3口メガネタイプでACアダプターに付けられなかったのはお愛嬌。

USB接続

使い方は簡単ですが、説明が英文でドライバーCDとか付いてないし、Windowsにドライバー入ってないので多少戸惑うかも。Xprinterのサイトからドライバーをダウンロードしてインストールするだけです。ダウンロードページはこちら。MacAndroidにも対応しているようです。

印刷品質は、解像度203dpiなので、今どきの高品質な印刷に慣れていると文字が粗くて戸惑いますね。輸入業者がダンボール箱に貼ってるラベルと同じです。が、まあQRコードも問題なく認識されているので問題ないレベル。印刷速度早いし、剥がして貼るだけなのでラクチンです。

総合評価☆☆☆☆☆

印刷速度はレーザーと比べるとかなり早いですし、剥がして貼るだけなので便利です。A4普通紙にラベル4枚印刷して切って貼ってのほうがコスト的には安上がりだと思いますが、プリンターの性能的には特に困ることないです。評価は星5つ。

0 件のコメント:

コメントを投稿