【レビュー】ダイソーのアルミシートで暑さ対策してみた

暑い…。今夏は電気代も高くなりそうだし、部屋の暑さ対策にチャレンジしてみます。南向き窓ガラスに遮熱シートを貼ってエアコンの効率を上げることに。どれぐらい効果があるでしょうか。

遮熱と断熱

我が家の暑さ対策のとして必要なのは、まず、部屋南側にある窓ガラスの遮熱です。窓ガラスから入ってくる直射日光の赤外線が部屋の温度上昇の原因の7割弱ということですから、これを遮断することで部屋の温度上昇がずいぶん防げます。加えて、エアコンで冷えた室内温度を外に逃さない断熱対策をどうするか。

日経アーキテクトの記事によると、窓ガラスの外に葦簀(よしず)やブラインドを設置するのがよいらしい。ただ、我が家は構造的に外側にブラインドを置くのは無理なので、窓ガラスに赤外線を反射するアルミシートを貼り付けることにしてみました。

ダイソーアルミシート

ということで、ダイソーでアルミシート(160 x 90cm)を購入です。1枚110円。材質は表面がアルミ被膜で、裏面が薄いウレタンです。アルミで外からの赤外線を反射しつつ、ウレタンが熱の侵入を防いでくれる。部屋の窓ガラスのサイズが135 x 75cmなのでサイズ感はちょうどいいですね。

温度測定

貼り付け前の状態をFLIRカメラで確認。30度設定でエアコン動かしていますが、窓ガラス表面の温度は35度前後です。プラス5度分の熱が、計6枚の窓ガラスから入って来ている計算です。

現状の対策は薄い不織布のブラインドのみ。

不織布表面は33度ぐらい。不織布だけでも1〜2度ぐらいは下げる効果があるようです。ただ、これだと熱は窓ガラスの内側には入っているので、不織布の隙間から暖かい空気が室内に侵入しているみたいですね。

ちなみに、アルミサッシの金属部分は窓ガラスより5度以上高い。40度近くまで上がっています。いくら窓ガラスの断熱対策してもサッシから熱が伝わっては意味がない。これも何か対策したほうがよさげですね。

貼付作業


貼付作業は簡単。窓のサイズに合わせてハサミで切って、両面テープで貼り付けるだけです。折り目は目立ちますが、まあ安いしいいでしょう。

アルミシートを貼ってからしばらくして温度を測定してみました。2度ぐらい下がってますかね。不織布と大差無いような気もしますが。

不織布の上から測定すると30度ちょい。アルミシート+不織布で計4度ぐらい下がってますね。アルミシートで外からの熱の侵入を防ぎつつ、不織布でエアコンの熱が外に逃げるのを防ぐことができるかな。安価な方法ですがそこそこ効果はありそうです。

熱源測定

久しぶりにFLIR起動したので、ついでにアチコチ測定してみました。まずは蛍光灯。39度ぐらい。

液晶テレビも結構熱を出してますね。Panasonicビエラですが、特に本体左側が熱くなってます。50度近い。


EVPADFire TV Cubeも熱源になってます。常時付けっぱなしにしてますが、こまめに電源落としたほうが良さそうですね。

室外機対策

エアコンの室外機も確認しました。ビル屋上で直射日光が当たる場所です。天板の一番熱い箇所で50度近いです。

前面は41〜42度ぐらい。熱交換器の遮熱対策しとけば冷房効率よくなるらしいですが、これまでは特に何もしていませんでした。

シャワーで水をかけてやると一気に36度まで下がりました。室外機も何か対策したほうが電気代節約できそうですね。

総合評価☆☆☆☆☆

とりあえず、窓ガラス3面にアルミシートを貼って見た感じではそこそこ効果出そうですね。ダイソーのシートは、表面がアルミフィルム、裏面がウレタンなので太陽光の遮熱に加えて、エアコンで冷やした空気の断熱も期待できそうです。

マイナス点はアルミフィルムが光をほぼ通さないためちょっと部屋が暗くなる点かな。市販の高価な遮熱シートと比べてどんな感じかは不明ですが、安価に対策できたので良しとしましょう。星5つ。

【新製品】ナイトショット搭載タフネススマホOUKITEL WP19

OUKITELから新しいタフネススマホが発売されました。ナイトショット搭載のOUKITEL WP19です。手元にあるWP17と比較しながら紹介していきます。WP17のレビューはこちら。

商品概要

商品はOUKITELのタフネススマホ最新モデルOUKITEL WP19です。21,000mAhの大容量バッテリー搭載ということで、WP15の後継モデルぽい。既に廉価モデルのWP20が登場していますが、リリースはWP19のほうが後。OUKITELのスマホはモデルを問わずWPの通しナンバーで、しかも順番が前後したりするので区別が付きにくいですね。

主な特徴は、33W急速充電対応の大容量21,000mAhバッテリーを搭載しているほか、サムスン製64MPメインカメラ(S5K)とSONY製20MPナイトショットカメラ(IMX350)、2MPマクロカメラなど。

そのほか基本的な性能はWP17と同じようです。ということで、詳しい仕様についてはWP17レビューを。WP17の大容量バッテリーモデルといった感じですね。ただ、バッテリー容量が大きいぶん本体サイズも84 x 178.1 x 29mm、重さ570gとかなりのヘビー級です。

気になる価格は、299.99ドル(約4万円)。ワールドプレミアセールで6/27-7/1は30ドルオフの269.99ドルで購入できます。昨秋発売のWP17(249ドル)が3万円以下で買えてたことを思うと、中華スマホも円安で随分高くなりましたね…。

総合評価☆☆☆★★

WP17のバッテリー増強モデルということで、そのぶん本体サイズも嵩張る(320g→570g)し、すでにWP17持ってる身からすると特に買い換える魅力は感じない。ちなみにWP17は円安反映していないようで、日本のAmazonで3.2万円程度で買えるので、WP19の4万円という価格はちょっと高いかな。とにかく大容量バッテリーじゃなきゃダメという人以外はWP17をチョイスしたほうがよいでしょう。今回は見送りです。

【レビュー】おかやま旅応援割クーポンの使い方【土産屋編】

おかやま旅応援割でもらえるオトクな観光クーポンですが、どうも対象店舗検索サイトの使い勝手が悪いので、ササッと使えるよう簡単にまとめておきます。岡山旅行に来る方はもちろん、岡山在住の方でも活用できるのでぜひ一読を。

観光クーポン券

簡単に観光クーポン券について説明しておきます。おかやま旅応援割観光クーポンは、岡山県内で宿泊旅行・日帰旅行をして一定の条件を満たした人がゲットできるクーポン券です。宿泊1人に付き2,000円、日帰り1人に付き1,000円のクーポン券がもらえます。

オトクなクーポンですが、①使用期限はチェックインした日からチェックアウトした日まで②使えるのは県に登録申請した飲食店等に限定ーなどの縛りがあります。GoToのクーポンだとユニクロやコンビニで使えましたが、観光クーポンは地元の飲食店中心なのが難点。食事付きのプランだと、翌日しか使うタイミングがなかったりして、意外と使いみちに困ります。

土産屋さん

ということで、岡山駅周辺でクーポンが使えるお土産屋さんを紹介です。オススメは晴れの国岡山館。岡山県内の各種お土産が買えて30%クーポンがもらえるのでオトク。詳しくはこちらにまとめています。

岡山駅構内だと、さんすて岡山内にあるおみやげ街道というお店で岡山各地のみやげがまとめて購入できるほか、源吉兆庵廣榮堂敷島堂福井堂など地元の和菓子、きびだんごのメーカーがクーポン対象店舗です。

おすすめみやげ

おすすめの岡山みやげをいくつかピックアップ。地元民でもたまに買って食べてるのでぜひご賞味いただきたいです。

岡山みやげといえばきびだんごが有名ですが、オススメはこちらの大手まんぢゅう。薄皮饅頭の一種ですが、甘酒を練り込んだ上品な甘みの餡が特徴的です。あっさりした甘さなはいくつでも口の中に入っていくのでご注意を。

個人的にイチオシなのがこの高瀬舟羊羹。よくある羊羹ですが、アルミ包装の隙間から水分が抜けることで上部が乾燥してカリカリになってます。この食感を味わうため、購入後にビニール袋から出して2〜3日置いとくのがおすすめ。

フルーツ王国岡山ですが、この完熟トマトゼリーもおすすめ。完熟した甘みたっぷりの桃太郎トマトがまるごと入ったゼリーです。トマト特有の青臭みが無いのでトマト嫌いな人でもぺろっと食べれてしまうおいしさ。

最後は、2020年に登場したJR PREMIUM SELECTブランドの蒜山ショコラクッキーズ。1枚324円と少しお高めですが、クセになるおいしさです。同じシリーズでドライフルーツをたっぷり載せたチョコレートもおいしいですよ。

児島デニム

ほかにも、観光クーポン使えるお店をいくつか紹介していきましょう。岡山ぽいのが、さんすて1階のデニム研究所さん。児島デニムの桃太郎ジーンズジャパンブルージーンズを販売しています。国産ジーンズなのでそこそこ値段はしますが、Tシャツなんかも扱っています。クーポンの金額大きいときはこちらで記念に国産ジーンズ買うというのもありかも。観光クーポンが使える雑貨系はジーンズぐらいですね。岡山市内では、ほかにも桃太郎ジーンズデニムバーが対象店舗です。

飲食店

飲食店もいくつか紹介を。駅構内は全国チェーンのお店が多く、観光で立ち寄るお店としては微妙といえば微妙ですね。ローカル色あっておすすめできるのは、麺屋たくみ(2階)、讃岐の男うどん(1階)ぐらいかな。

プチ贅沢するなら西川緑道公園の岩手川や、その系列の回転寿司いわ栄(イオンモール岡山)とかいいお店ですよ。

倉敷駅〜美観地区

倉敷駅〜美観地区界隈は、観光地だけあって、大原美術館はじめ観光クーポンの使えるお店がたくさんありますね。イチオシはくらしき桃子。美観地区にいくつかお店があります。少しお値段高めのパフェですが、2,000円クーポンなら大丈夫。

要予約ですが、アフタヌーンティーなんかもいいかも。約4,000円で写真のような豪華デザートセットがいただけます。

買い物するなら平翠軒もオススメです。森田酒造さんが営んでる食品スーパーで、全国各地から酒の肴はじめ、スイーツ、調味料まで、珍しいもん、美味しいもんを集めてます。いろいろ買ってたらすぐ2,000円超えるでしょう。



【レビュー】日本初競輪場併設ホテル「KEIRIN HOTEL 10」に泊まってみた

6月1〜3日の玉野競輪F1ナイター開催に合わせて、玉野競輪場内にこの春オープンしたKEIRIN HOTEL 10に宿泊してきたのでレビューです。

玉野競輪場

玉野競輪場は岡山県の南部、玉野市の宇野駅近くにある競輪場です。施設の老朽化に伴い、昨年から改修工事を進め、この春に日本初のホテル併設型競輪場としてリニューアルオープンしました。目玉はなんといってもすべての部屋が競輪場のバンクに面した宿泊施設KEIRIN HOTEL 10と、バンクの目の前にあるレストランFORQ。民間のOKCSという企業が運営しています。

宿泊予約

宿泊予約はKEIRIN HOTEL 10のホームページ予約サイトから。競輪開催日は約3〜4週間前から受付が始まります。今回はレース最終日の6月3日(金)を選択。5月14日の予約開始日に予約できました。ちなみに、7月のサマーナイトフェスティバルも行こうかなと予約サイト覗いたら、予約開始日6月16日の12:30の段階で売り切れてました…。

アクセス

競輪場&ホテルはJR宇野駅の東1kmの海岸沿いに位置します。この日は荷物も少なかったので歩いて行くことに。直線距離だと近く感じますが、山の反対側にあるのでグルッと回って徒歩20分ぐらい。大きな荷物あるとちょっとしんどいかな。

最寄りにバス停はありませんが、午後1時30分までは無料のジャンボタクシーが30分に1本出ています。それ以降は、個人でタクシー利用した場合は上限1000円までホテルが負担してくれるみたい。詳しくはこちら。

ホテル棟

ホテルは競輪場のバンク南側に面した建物です。敷地の奥にあるので、競輪場入口からさらに3分ぐらい歩きます。セキュリティの関係で競輪場の中を通っては行けないのでご注意を。

周辺には商業施設は皆無。最寄りのコンビニ、スーパーは宇野駅周辺ですね。車だと気になりませんが、徒歩(公共交通機関)だとちょっと不便かな。一応、ホテルでレンタル電動自転車の貸し出ししてますが、1時間500円(1日2,000円)と微妙な値段。普通の自転車でいいので無料で利用できるとありがたいのですが。

午後2時頃に到着しましたが、ホテル目の前のバンクでは選手が練習中。観戦用のベンチもあります。間近に見れるのはうれしいですね。

エントランスはこんな感じ。競輪場とは思えないオシャレなつくりです。KEIRIN HOTEL 10というホテル名は、競輪の車番が全部で9で、お客さんが10番目というのが由来らしい。へえ。

意匠は旧競輪場で使われていた看板など廃材も活用。フロント横にはショップも併設されており、玉野競輪キャラクターのガッツ玉ちゃんトレーナーなんかも売ってました。

あとから気づきましたが、これBEAMS製なんですね。BEAMSの通販サイトでも玉ちゃんのTシャツetcが販売されてました。驚き。

部屋

この日は8階のテラス付きツインの部屋を利用。ツインの1人利用12,000円が、おかやま旅応援割で5,000円引きの7,000円で利用できました。プラスで観光クーポン2,000円分もゲット。観光クーポンのお得な使い方はこちら。

コンパクトな部屋ですが、競輪場をイメージしたデザインはおもしろい。階ごとに車番カラーに合わせているようで、8階は8番のピンクで統一されています。備品やアメニティ類も凝ってますね。鏡は競輪のバンクみたいですね。

テラス付きのお部屋の眺望は抜群でした。俯瞰でバンクを眺めることができて、競輪に興味ない人間ですがかなりテンション上がりましたね。イスは競輪場で使われていた観客席かな。

部屋は清潔感あって、競輪場のホテルならではのこだわりが感じられました。窓はペアガラスで防音性に優れ、閉めておけばレース中でも外の音はほとんど聞こえません。

お風呂は浴槽なしのシャワーブースですが、2階に大浴場があります。ただし、レース開催日は選手が使うため利用できません。

部屋着もかわいい。これ販売すればいいのに。アメニティは歯ブラシ、ひげそり、ブラシ、綿棒がセットされてました。プラスでボディスポンジやボディタオルあればよかったかな。

レストラン

早めに到着したので、併設のレストランFORQでランチ取ることに。レストランとホテルは渡り廊下で繋がって行き来できます。

選べるランチセット。瀬戸内レモンキーマカレーと自家製ピクルス(1,300円)です。お肉たっぷりで満足。ディナー営業もやってるので、デートとかでレストランだけ利用してもいい感じの仕上がりです。

9月30日までは宿泊者限定のディナー利用で50%、最大1,500円まで割引になるキャンペーンもやってます。素泊まりであとから食事付けたほうがオトクなんかな。

朝食も同じ会場。できたてフレンチトーストのほか、サラダやソーセージなどおかずがビュッフェで提供されます。追加料金1,000円ですが、前記のキャンペーン中で半額の500円でいただけました。このクオリティなら1,000円でも満足度高し。

競輪場内にはレストランのほかにも、庶民的なうどん屋さん(この日は営業してませんでした)や屋台のラーメン屋さんもありますよ。

競輪観戦

レストランを奥へ抜けると玉野競輪場のメインスタンドです。

観覧席はこんな感じ。2階は入場無料です。室内でエアコン効いてるので快適ですね。3階には有料の特別室もあるみたいです。外に出れば金網越しに間近に選手の姿を見ることもできますよ。

競輪場って毎日レースやってるイメージでしたが、玉野では月に1〜2回程度の開催みたい。通常は他の競輪場で開催されているレースの場外車券売り場として利用されてるのです。なお、ミッドナイト競輪は在宅でのネット視聴を目的に開催されるレースで、無観客での開催になります。ミッドナイト競輪開催時はホテル内からも観戦できないのでご注意を。

この日のレースは16時から20時半ぐらいまでやってたので、部屋のベランダから見たり、観覧席から見たりとアチコチ場所を移動して楽しめました。

部屋のテレビでは、スタンド内でライブ収録している競輪中継も見れます。車券は、競輪場まで降りて現金での購入、もしくはネット購入(チャリロト)になります。楽天銀行ペイペイ銀行の口座があれば当日すぐに登録できるみたいですが、その他は身分確認の手続きが必要になるので1〜2日の時間がかかります。現金購入はめんどくさそうなので旅行前に事前に登録しておくのがおすすめ。

8階テラスからの眺めはこんな感じ。バンク全体が俯瞰で見渡せます。審判の人たちが自転車で移動する姿とかも見れておもしろい。

真上から見るのは新鮮です。子供の頃、夕方にテレビでみたコマーシャルと同じアングル。競輪観戦なら低い階のほうがよく見えるかもしれませんね。

最終メインレースのゴールシーンです。平日開催とはいえ、夜は結構お客さんいました。レストランも満席でしたよ。

その他

ホテル内は自販機ありますがソフトドリンクのみ。ビールとかアルコール類、お菓子&おつまみの自販機もあれば便利かな。もしくはレストランの料理を部屋にテイクアウトできればうれしい。レストランでもビール売ってますが地ビールで値段高めなので、事前に缶ビールやツマミを用意して、テラスでお酒飲みながら観戦するのも楽しいでしょう。

総合評価☆☆☆☆☆

良かった点は、やはり競輪場併設のホテルというレア感。目の前にバンクが広がる光景は貴重ですね。競輪開催してない日でも海が近いので景色はバツグンです。施設はいろいろ工夫が凝らされており、ホテル内歩いてるだけでも楽しい。食事もおいしかったし、これといって不満に感じる点はなかったです。

加えて、ホテル&レストランスタッフのみなさんすごく感じよかったですね。特にレストランのスタッフさんは、マニュアル的な対応ではなく、いろいろ気づかいいただいてるのが利用していて感じられました。接客のレベルはかなり高いと思います。カップルや家族で利用しても十分満足いくでしょう。

難点はやはり立地かな。競輪目当てで来るなら問題ないですが、直島などへの前泊地として利用するなら、周辺にお店がないのでやや不便さは否めない。チェックイン後に宇野駅方面へ行く用に気軽に利用できるホテル発のシャトルバスみたいなのがあればいいなあとは思いました。もしくは、無料の自転車貸し出しあれば、宇野港に買物行ったり、田井の海岸あたりをサイクリングして時間つぶせるかな。

あと気になるのが、競輪やってないときがどんな雰囲気なのかですよね。海に面しているので日中の景色はよいですが、夜は競輪場の照明がないと場所柄寂しそうではあります。周辺は何もないのでアクティビティがなにか欲しい。テニスコートとかグラウンド、スポーツ施設が整備されると魅力はアップしそう。トラックの内側の空きスペースにテニスコートとか整備できんのかな?ナイター設備も有効活用できるのに。

そんなこんなで、立地面で若干のマイナス点はありましたが、評価は星5つで文句なし。満足度はかなり高いです。競輪観戦はもちろん、直島旅行の前泊地や、玉野周辺のサイクリング、魚釣りの宿泊地としてもおすすめです。この施設を起点にロードサイクルの聖地みたいな感じでいろいろと発展していくと楽しそうですね。