【レビュー】最強スマートウォッチKAIHAIを買ってみた

 

XiaomiMi Watchが春節で配送遅延の影響受けて、結局キャンセルすることになりました。てことで、新たに4G LTE搭載のAPPLIPP MAXを購入したわけですが、健康管理機能に重点を置いた普段使いのスマートウォッチも併せて物色。KAIHAIというメーカーの製品をポチッてみました。

商品概要

商品はKAIHAIという中国のスマートウォッチメーカーのもの。いろいろ探してみたところ、こちらのメーカーの製品が健康管理のためのいろんな機能を全部載せしてるぽい。

テキサス・インスツルメンツ(TI)製のPPG(光学式心拍センサー)、ECG(心拍センサー)を搭載し、体温血圧血中酸素濃度HRV(心拍変動)などを測定できます。お値段は5,030円(Aliexpress)とちょい高めですが、いろいろ測定できて便利そうです。

ちなみに、ECG(心電図)センサーは、心腔の拡張と収縮を制御する電気信号によって生成される生体電位を測定。PPG(フォトプレチスモグラフィー)センサー は、光ベースのテクノロジーを使用して、心臓のポンプ作用によって制御される血流の速度を感知します。

そのほか、ハードスペック的には、重量25グラムで、100mAhのバッテリーを搭載。IP67防水対応などスマートウォッチとしての基本的な機能は抑えています。

機能紹介

簡単に機能を紹介しておきます。このスマートウォッチを身に着けておくことで、スマホアプリに24時間、体温血圧心拍数血中酸素濃度データを測定・記録できます。いろいろ探しましたが、体温血圧の両方が計測できるスマートウォッチは珍しいです。

血中酸素濃度は、新型コロナでも話題になりましたが、血液中の酸素濃度値です。睡眠中の数値を測定できるため、呼吸停止で酸素濃度が低下する睡眠時無呼吸症候群の診断にも使えます。アプリでは計10種類の病気の兆候を測定できるようです。

また、HRV(心拍変動)心拍間のミリ秒単位の一定の変動のことで、ストレス測定などに用いられるようです。最近のパルスオキシメーターはこのHRVを測定できるようです。

開封してみた

輸送中です。近日更新予定。

【レビュー】スマホでスイッチをオンオフできるMagicSwitchBotを買ってみた

 

我が家のリビングのエアコンはリモコンがないため、オンオフのたびに部屋のドア横に配置されたスイッチパネルまで行かないと操作できません。正直面倒くさいです。と、こんな悩みを解消する便利なアイテムを見つけたのでご紹介です。

商品概要

商品名はMagicSwitchBot(マジックスイッチボット)。スマホとBluetoothで接続することで、照明など物理スイッチのオンオフをアプリから操作できる代物です。写真のとおり機器から飛び出した爪が前後することでスイッチを操作できます。

開封してみた

ということでさっそく開封です。同梱品は、本体、予備の両面テープ、スイッチに貼り付ける両面テープ✕2枚、英文マニュアルです。

3Mの両面テープがついたアダプターをスイッチ横に貼り付けて本体を固定します。テグスのついたテープはスイッチに貼り付けることでスイッチを引っ張ることができます。照明のスイッチなど引っ張ることでオフにできます。

アプリインストール

まずはアプリをインストールしてペアリングです。GoogleプレイストアからMagicSwitchBot(Runch Network Tech)をインストールします。

本体左上のペアリングボタンを長押しすると上のLEDが点滅します。アプリの+ADD DEVICEを押すとスマホとMagicSwitchBotがペアリングされます。

ONを押すとMagicSwitchBotの爪が前に、OFFを押すと後ろに動きます。

動画で見るとこんな感じ。OFFボタンを使うには付属のテグス付きテープをスイッチに貼り付けます。

エアコンに取り付け

エアコンのリモコンに設置してみました。爪がエアコンの運転/停止ボタンに当たるよう位置を定めて両面テープでペタリ。これでアプリのONボタンを押すことでエアコンの電源をオンオフできるようになりました。

動作状況はこんな感じ。ちなみに、電源は本体内にバッテリーが搭載されています。アプリ上にバッテリー残量が表示されるので0%になる前に充電すればオッケー。電池の持ちはいいです。

アプリの場所をリビングに、名前をエアコンに変更。エアコンではオンボタンしか使わないので、スイッチングをシングル(AUTO)に変更して設定完了です。

総合評価☆☆☆☆☆

いやあ、便利ですね。これで布団の中からエアコンのオンオフできるようになりました。便利です。照明やコーヒーメーカーなどにも使えるとのことで、買い足したいぐらいです。評価は文句なしの星5つ。不満は特にないですが、アプリにタイマー機能があれば指定の時間にオンオフできて便利かな。アプリアップデートに期待です。

【レビュー】4G LTE搭載のスマートウォッチを買ってみた

前回紹介したMi Watchが中国春節休暇の影響でなかなか発送されない。ということで、その間に新たにおもしろそうな商品を発見、ポチッてしまいました。通話もできる4G LTE搭載スマートウォッチ。さっそくレビューします。

商品概要

商品は、LOKMATという中国のスマートウォッチメーカーのAPPLIPP MAX。4G LTEを搭載し単体で通話・データ通信のできるAndroid搭載スマートウォッチです。2021年発売ということで最新モデルぽい。

スペックは、SoCにMEDIATEKHelio P22(MT6762、8コア)を搭載。RAM 4G、ストレージ64GB、Android 9.0ということで、スマートウォッチというよりは小型のスマホといった感じですね。スペック的にもエントリーレベルのスマホと同程度。

本体サイズは77 x53mm、重量は132グラム、ディスプレイは640 x 480の2.88インチのTFT液晶です。バッテリー容量は2,300mAhで十分。2日ぐらいはもちそう。

カメラは、液晶右のインカメが5MP、側面のメインカメラが13MPとなっています。メインカメラの配置は使い勝手がよさそう。

本体側面にはSIMスロットを搭載しています。nano SIMカード入れることで通話やネット接続ができます。LTEの対応バンドはB1 / B2 / B3 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17 / B20  / B38 / B39 / B40 / B41。SDカードスロットは無し。

そのほか、GPSや心拍数計も搭載し、歩数計などスマートウォッチとしての各種機能も使えます。サイズ的に常時身につけるのは微妙な感じもしますが。

開封してみた

輸送中です。


【レビュー】血中酸素濃度(SpO2)測定できるMi Watchを買ってみた

 

AliexpressMi Watchのグローバルバージョンが発売されてたので買ってみました。新型コロナで注目されている血中酸素飽和度を測定するパルスオキシメーターが搭載されているとのこと。さっそくレビューします。

商品概要

商品はおなじみXiaomiのスマートウォッチで、その名もMi Watchです。今回購入したのはグローバルモデルで日本語にも対応。日本国内でも発売開始の予定とのこと。先行入手のためAliexpress10,276円+DHL送料1,138円なり。

価格的にはやや高めですが、そのぶん機能は充実しています。1.39インチ有機ELディスプレイを搭載し、1回の充電(バッテリー容量420mAh)で最大16日間の使用ができるのはうれしい。心拍数や血中酸素濃度(SpO2)、睡眠サイクル、ストレスレベルなどの計測もできます。

心拍数センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、地磁気センサー、気圧センサー、環境光センサーなどを備え、衛星測位システムはGPSGLONASSGalileoBDSに対応します。5気圧防水対応で、水深50mまでの水圧に耐えるので、入浴時やプールでも装着したままでオッケーです。

血中酸素濃度

今回Mi Watchを選んだ最大の理由は、新型コロナで話題になっているパルスオキシメーター機能を搭載している点。この機能を使って血中酸素濃度を測定することで、肺炎の進行度合いがわかるとのこと。数値が95%以上なら正常ですが、95%を下回ると肺炎の可能性が高いみたいです。

一般的なパルスオキシメーターは指先に挟んで、指紋側から赤外線を照射、爪側のセンサーで受光し、仕組みはわかりませんが酸素濃度を測定します。

Mi Watchでは時計裏面にセンサーを搭載しています。片面だけでどの程度の精度が出るのかは気になるところ。血中酸素濃度のほかにも、心拍数の測定ができます。スマホアプリと連携することで、睡眠中の血中酸素濃度を測定し、睡眠時無呼吸症候群の兆候も掴めます。

なお、最新のスマートウォッチに搭載しているような血圧計温度計HRV(心拍変動)などの機能は搭載していないので、細かいデータを取ることはできません。

春節の影響でキャンセルに

注文後、セラーから連絡あり春節の影響で配送が遅れるのでキャンセルしてくれと連絡。さらに、Mi WatchではGoogle Fitが使えないことも判明したので、日本国内で発売されるまでペンディングすることに。と思ったら、別途、良さげなスマートウォッチを発見しそちらを購入することにしました。




【レビュー】HDCP解除できるビデオキャプチャーボックス「EZCAP 274」を買ってみた

久しぶりにビデオキャプチャーカードを買い足してみました。PCなしで単独録画できるというビデオキャプチャーボックスEZCAP 274です。以前レビューした海賊王の製品ということでHDCP解除できるかが気になるところ。さっそく試してみましょう。

商品概要

商品は、HDMI入力ソースを1080Pでキャプチャーできるビデオキャプチャーボックスです。この手のキャプチャーカードは別途そこそこのスペックのPCが必要でしたが、こちらはハードウェアエンコーダー内蔵で、PCなしでもカード単体でマイクロSDカードに録画できます。さらに4K60fpsでのパススルーにも対応しているということで、テレビやモニターにゲーム画面を表示しながらキャプチャーできます。4K対応のPS4PS5などゲームキャプチャーに使えますね。

開封してみた

スタンドアローンのキャプチャーボックスということでそこそこサイズあるかと思ってましたが、想像していたより小さいですね。躯体はプラスチック製なので軽い。

同梱品は、電源用のUSBケーブルとACアダプター、オーディオケーブル、英文説明書。マイクロSDカードは別途必要です。

使用感は

プラスチック製の躯体はやや安っぽい作りですが、これでまともにキャプチャーできるのか?さっそく使ってみましょう。

使い方は簡単です。マイクロSDカード挿して、HDMIケーブルを繋げるだけ。とりあえずHDDレコーダーを繋げてみました。録画は簡単です。本体前面の録画ボタンを押すだけ。設定キーとか無いので、入力した映像が変換されて記録されるようです。

録画中は、録画ボタンの白色LEDが赤色になります。もう一度録画ボタンを押すとLEDが白に戻って録画完了です。シンプルですね。なお、録画機能のみで、再生・編集等には対応していないので、別途PCなどmicroSDカードの再生環境が必要です。

設定変更する

初期設定では日時が変なので変更しておきます。PC使ってマイクロSDカードに、日時設定用のファイルを作成します。2021年2月1日午後10時30分なら、メモ帳に202102012230と入力したあとに、ファイル名rtc_setupで保存し、キャプチャーボックス本体に読み込ませると変更されます。成功するとテキストファイルが消えます。

あともうひとつ、初期設定では録画した画面左上に日時が表示されるので消しとく必要あります。カメラボタンを長押しすると、透かしのオンオフが設定できます。

録画してみた

さて、各種ソースが録画できるかを試してみましょう。まずはHDDレコーダーを接続。通常はHDCPで録画できない地デジテレビ番組が問題なくキャプチャーできますね。

続いてAmazon Primeを。HDCPのパススルーに4K映像は問題なく表示されますが、キャプチャーした動画の方は緑色になります。コピーガードは解除できませんでしたね。

GV-HDRECと比較

同じく単独キャプチャーボックスのI-O DATA GV-HDRECとも比較しておきます。似たような感じの商品ですが、GV-HDRECは、①アナログキャプチャー対応②USBメモリー対応③キャプチャーボックスでの再生可ーなどがメリット。一方で、EZCAP274は、HDCP解除やmicroUSB電源などの利点があります。

総合評価☆☆☆☆☆

ということで、評価の方ですが、まず、パソコンなしで録画できる点は非常に便利です。レコーダーに繋げておいてボタン押すだけで録画できるのはとても便利です。録画中は赤色ランプが点くのでミスも起こりにくいのはうれしい。加えて、4K60fpsのパススルーに対応しているため、PS4など4K対応のゲームでも使えるのがうれしいです。

あと、電源がmicroUSBなので、モバイルバッテリーなど外部電源あれば屋外でも使用できる点もポイント高いです。動画撮影のフィールドレコーダーとしても使えるのかなといった感じ。

マイナスポイントとしては、Fire TVでコピーガードかかりますが、このあたりはスプリッターかませば解決するのでさほど気にならないかな。あとは、画質が固定されるなど細かい設定ができない点をどう評価するかですね。個人的には、HDCP解除できるし、扱いラクなので十分星5つの価値あるかと。

【レビュー】BaseusのQC4+ / PD3.0対応GaN 65W高速充電器&USBケーブルを買ってみた

今どきのノートPCはUSB Type Cで給電できるようですが、我が家のThinkPad  X1 CarbonLenovo独自の四角いDCアダプターです。ところが、こいつをUSB Type Cで使えるアダプターが発売されているのを見つけたので試しに買ってみました。レビューします。

商品概要

購入したのは中国のBaseusというメーカーの製品。USB Type CからLenovoのSquare DCという規格に変換できる代物です。使用には45W以上のUSB Cアダプターが必要なようなので、同じくBaseusのGaN(窒化ガリウム)チップ搭載65Wチャージャーを買ってみました。100Wの製品もあるようですが、値段高い上に、電源プラグがコードで別付けだったので65Wのものをチョイス。価格は65Wチャージャーが3,980円変換ケーブルは1,980円です。

USB変換ケーブル

パッケージには商品名が記載されていません。型番はCAT1T2-B01です。ラウンドタイプのACアダプターに対応したA01という型番もあるみたいです。

一方がUSB Type Cで、反対側がLenovoのSquare DCです。

Square DC側は外してType Cにもなるので、ケーブル1本でスマホの充電にも使えます。なにげに便利ですね。

こんな感じでX1 Carbonに挿して使います。メーカー品だけあってケーブルは質感よいです。ケーブル長は2mあるのでホテル等で利用しても特に困ることもないかと。

65W GaNチャージャー

65Wチャージャー(CCGAN-D01)のサイズ感はこんな感じです。想像していたよりコンパクトですね。ただ、重みはずっしりです。GaN(窒化ガリウム)製チップを採用することで大幅にサイズダウンできるようです。ただ、一般的なACアダプターと比べるとお値段は高めです。

ポートは、Type Cが2つで、上が最大65W、真ん中が最大30W。一番下はUSB Aで最大30Wです。これ1台でPCとスマホに給電できます。ちなみに、Ankerの充電器とか65W+30Wで100Wとか表記しているものもあるので騙されないように。単独で100W給電できるのは5000円オーバーです。

電源プラグは畳めます。コンパクトで出張とか持っていくには便利ですね。

ケーブルをつなげるとこんな感じ。手元のRedmi K30は急速充電9V/3Aの27Wまで対応し、約1時間でフル充電できるようになりました。

総合評価☆☆☆☆☆

製品は質感よくて、性能的にも十分です。評価は星5つ。メーカー品なので信頼感もあります。これまでは充電器+USBケーブル+PC用ACアダプターだったのが、ケーブルと充電器で賄えるのはうれしいですね。iPad mini用にLightningケーブルは必要ですが…。早くType Cに統一してほしいですね。

【レビュー】DJI Pocket 2 用にレンズフードセットを買ってみた

先日購入したDJI Pocket 2用のアクセサリーがいろいろ出てきたので、試しにレンズフードセットを購入してみました。STARTRCというメーカーの製品です。レビューします。

商品概要

商品はDJI Pocket 2(Osmo Pocket 2)専用のレンズフードセットです。フードの他に、レンズキャップ、アダプターホルダーが付いた三点セットです。なお、DJI Pocket 2は前モデルと微妙に形状が異なるので1のアクセサリーは基本的には使えません。

レンズフード

レンズフードはPocket 2のジンバルネック部に装着して使います。ワンタッチでカパッと取り付けできます。

プラスチック製の軽量フードで、ジンバルのネック部と連動して水平方向に動きます。レンズを真上に向けるとケラれますが、一般的な用途なら問題なく使用できます。便利。

レンズキャップ

レンズキャップは小型で、Pocket 2のレンズ部にはめるタイプ。ただ、本体付属のケースに入れとけばレンズ保護できるので、なくてもいいかなという気はする。

アダプターホルダー

予想以上に便利なのがこのアダプターホルダー。Pocket 2付属のケースはUSB CLightningアダプターは収納できますが、ジョイスティックの収納ができず、保管に困りました。こちらのホルダーはジョイスティックも含めた3つのアダプターが収納できます。

アダプターはスライドさせて着脱できます。装着時はしっかり固定されるので落ちる心配もないし。USB Cでスマホに接続して使うことが多いので、ジョイスティックが収納できるのは便利です。

総合評価☆☆☆☆☆

評価は星5つ。値段も手頃で、使い勝手いいです。特にアダプターホルダーは便利です。