【レビュー】瀬戸内国際芸術祭2022に行ってみた(豊島)

春会期終了間際の平日5月17〜18日に瀬戸内国際芸術祭2022開催中の香川県小豆島&豊島に行ってきました。2日目は豊島会場です。なお、瀬戸芸パスポート等の情報は直島編を参照ください。

アクセス

前泊地小豆島からの移動です。8:40土庄港発のフェリー。9:10唐櫃(からと)港到着です。豊島では唐櫃港から家浦港へ徒歩とバスで移動するルートを計画。

豊島の玄関口は反対側の家浦港で、唐櫃港はあんまりお店とか無いですね。コインロッカーとかもなし。辛うじてレンタルサイクル店が1軒。

唐櫃浜

唐櫃浜には、勝者はいない心臓音のアーカイブの2作品です。

平日でしたが春会期最終日だったからか10時の開館前には行列が。

豊島美術館

唐櫃浜から徒歩で豊島美術館へ。私は徒歩&バス移動でしたが、豊島の移動は電動自転車がおすすめですね。

美術館は事前予約制で、瀬戸芸パスポートとは別で入館料1,570円が必要。

豊島美術館は建築家西沢立衛氏の設計。軽井沢の千住博美術館も素晴らしい建物ですが、こちらも素敵。館内は写真撮影できませんが、1時間ぐらい余裕で過ごせる空間です。

日にち限定ではありますが、朝の特別鑑賞プログラムもあるみたい。9時からで、まったく水の無い状態から見学できるのは楽しそう。

鑑賞後は庭でのんびり瀬戸内海を眺めれます。この日は併設のカフェは営業していませんでしたが、パンと飲み物は販売していました。

唐櫃岡

豊島美術館を出て、さらに上へ15分ほど歩いていくと唐櫃岡です。集落には島キッチンなど飲食店が何軒かあります。この日は平日にも関わらず予約で満席。


山道を40分ほど登っていくとクリスチャン・ボルタンスキーささやきの森です。あまりおすすめはしませんが、ここまで行く人は歩きやすい服装と虫よけはマストです。行くなら涼しくて虫のいない秋頃がいいかな。私には虫のささやきしか聞こえなかった…。

家浦浜・家浦岡

バスで家浦港へ。島内は家浦港〜唐櫃港を1時間に1本ぐらいバスが出てます。豊島横尾館大竹伸朗針工場を見学です。

お昼ご飯抜きだったので、車中から見つけたいちご家さんへ。知らない人も多いと思いますが、豊島はいちごの名産地。子供の頃、海水浴で泊まった民宿で出してもらった冷凍いちごがおいしかった記憶が。ということで、いちごクレープいただきました。いちごが甘くておいしい。

16:25家浦港発の高速船で宇野港へ。この時間帯は乗客多いみたいで、整理券が出てました。定員オーバーすると次の便になるので、早めにチケット買っといたほうがいいですね。30分前からの発売。

評価☆☆☆☆☆

時間の都合で、甲生地区は回れませんでした。甲生へは家浦からバスの便が少ないので徒歩だとアクセスが悪い。やはり電動自転車で回るのがおすすめですね。私は小豆島からのため唐櫃港に降りてしまいましたが、家浦港を起点にするのがおすすめです。家浦港なら手荷物預かり所もあるので便利。

豊島美術館はおすすめですよ。地中美術館よりも好きかも。非日常感がなんとも言えず癒やされます。逆に、ボルタンスキーの2作品はビミョウかな。時間節約するならボルタンスキーの2作品をスキップするかな。電動自転車あれば半日で回れるので、犬島と合わせて日帰りとか、小豆島や直島と組み合わせて1泊2日で行くのがよいかと。まあ、1日でのんびり回るのも楽しいですけどねえ。

【レビュー】瀬戸内国際芸術祭2022に行ってみた(小豆島)

春会期終了間際の平日5月17〜18日に瀬戸内国際芸術祭2022開催中の香川県小豆島&豊島に行ってきました。1日目は小豆島会場です。なお、瀬戸芸パスポート等の情報は直島編を参照ください。

アクセス

岡山市内から小豆島へは、新岡山港からのルートと、宇野港からのルートがあります。今回は乗り換えが便利そうな宇野港ルートをチョイス。7:40岡山駅発の宇野線で8:25宇野駅着、8:40宇野港発、豊島経由で9:40土庄港着のルートです。

小豆島豊島フェリーの旅客船。フェリーより少し早い。窓際にコンセントとUSB端子があるのはうれしいですね。この日はガラ空きでした。

移動手段

小豆島はそこそこ大きな島で、関東だと川崎市、関西だと堺市よりちょい大きいぐらいの広さです。起伏もあるので島内移動は車がおすすめ。今回はオリックスレンタカーで借りました。前日予約でしたが、残り1台しかなかったです。小豆島にはレンタカー会社は複数ありますが、ネット予約に対応しているお店が少ない。地元レンタカー会社のほうがガソリン代込みでオトクみたいです。繁忙期は早めに予約しておいたほうがいいかも。

瀬戸芸観光するなら、フェリーのりばとかに置いてる写真の無料冊子おすすめです。瀬戸芸の展示が島ごとにコンパクトにまとまってます。地図も詳しい。瀬戸芸アプリより見やすいです。PDFでダウンロードできるとうれしいですが、見つからなかった。

昼食

朝抜きでお腹減ってたのでまずは昼食取ることに。11時の開店に合わせて、目指す三都半島手前の池田麺食堂さんへ。小豆島といえば手延素麺が名物ですが、こちらのお店は手延素麺の製法で作ったこびきうどんを提供しています。

讃岐うどんとは違った細麺のつるつるしたのどごしが特徴です。肉ぶっかけうどん(冷)。讃岐うどんとは違った細麺のつるつるしたのどごしが特徴です。

三都半島

では、アートめぐりスタート。まずは三都半島から。ダイダラウルトラボウ。巨大なウルトラマンぽいオブジェ。高松港に着いたときは曇り空でしたが、天気も良くなってきました。ツーショットが映えますね。

ヒトクサヤドカリ。空き家にヤドカリが住み着いてしまったようです。インパクトあります。

潮耳荘。潮の音を建物内で聴くことができます。三都半島は作品が点在しているので、車+徒歩での移動になります。写真撮りながらのんびり回っていたので2時間半ぐらいかかりましたかね。

NHK高松放送局の瀬戸内国際芸術祭番組でののんちゃんの写真が印象的ですね。こんなポーズで写真撮ればよかった…。

醤の郷

草壁港へ移動。草壁港のジェラート屋さんMINOLI GERATOで休憩です。

ジェラート3種盛。しょうゆクランブル、柑橘ヨーグルト、レモンジンジャー。うま。

醤の郷へ。この地域は醤油蔵がたくさんあり、醤油会社の社長さんがアート作品の制作現場を提供しています。駐車場に車を止めて徒歩での移動。まずはオリーブのリーゼントへ。写真の建物が制作現場です。

リーゼントのカツラを貸してもらえます。5つぐらい置いてたかな。道をはさんだオリーブ畑に作品が。

駐車場方面に戻って、ジョルズ・ギャラリーへ。こちらは入場料が別途500円必要です。パスポートは使えません。裏手の醤の郷現代美術館も別途1500円が必要です。ご注意を。

カメラの位置をうまく合わせると真円になります。ちょっとズレてますね…。現代美術館は飛ばしましたが、それでも徒歩移動になるので1時間ちょいぐらいはかかりました。

田浦

24の瞳ゆかりの田浦港は、映画村の近くに愛のボラードが。オリーブのリーゼントと同じ作家さんです。

ちょっと曇ってきましたが、記念撮影を。

坂手港

坂手港にはヤノベケンジの作品が2点。倉敷の大原美術館・児島館にもヤノベさんの作品が展示されているので、岡山県民には馴染み深い。

美井戸神社ビートたけしとの共作で、美井戸(びいと)のダジャレです。後から知りましたが20分おきに口から水が吹き出すらしい。

この時点で時刻は16:30、レンタカーが18時返却なのでこのあたりが限界かな。ということで土庄港へ。30分弱ぐらいの道のりです。のんびりスタートでしたが、やはり1日で小豆島はきついですね。寒霞渓も含めた全作品見て、オリーブ公園エンジェルロードも回るなら1泊2日でしょう。

宿泊

この日の宿泊は、土庄港から車で10分ぐらいの西浦地区にあるペンション、サンセットコーストへ。電話するとおばちゃんが車で迎えに来てくれます。食事なしの素泊まりで5,000円。

ツインのお部屋。ユニットバス付です。シングルの部屋は廊下にあるバス・トイレ共用みたい。タオルと歯ブラシは置いてますが、パジャマ、その他アメニティ類は無いのでご注意を。テレビも無いです。WiFiは階段のあたりまで行けばつながる。携帯の電波は届くのでご安心を。

この絶景があれば何も要らない。

屋上に出てお酒飲みながら夕日見れます。アルコールとつまみ、あと5月はまだ肌寒いので上着持参がおすすめ。

総合評価☆☆☆☆☆

小豆島は子供の頃、海水浴で何度か連れてきてもらってましたが、港から民宿直行だったので、こんな広くて、そこそこ街だとは知らなかった。コンビニはもちろん、飲食店などお店は普通にあるので他の離島みたいな不便さは感じない。

今回は寒霞渓とかまで行けなかったので、1泊2日でのんびり回るのがおすすめですかね。もしくは、1.5日を小豆島、半日を豊島とか。瀬戸芸では、北部の福田や北浦、山の上にあってアクセスに手こずる寒霞渓を入れるかどうかがポイントになるでしょう。あと、展示は屋外作品がメインで2022限定の作品も少ないので、ゆっくり見るなら瀬戸芸期間を避けるのも手かなと。秋になったらまた来たい。


【レビュー】瀬戸内国際芸術祭2022に行ってみた(大島、女木島、男木島)

瀬戸内国際芸術祭2022大島女木島男木島オフィシャルツアー高松発)に参加してきたのでご報告。感想と3島のみどころなどを紹介です。雰囲気とか伝わるといいですね。

ツアー概要

ツアーは、瀬戸内国際芸術祭2022公式ホームページで紹介されている公式ツアーです。今回参加したのは、高松発、琴平バス主催の大島・女木島・男木島の3島を巡るベーシックコースB。高松港出発のチャーター船移動で、ガイド付きでお値段12,800円(※瀬戸芸パスポート代別)なり。ちなみに、両備ホールディングス主催の岡山発ツアーもありますが、こちらは大島の代わりに宇野港が組み込まれてます。ということで、3島回れる高松発のツアーをチョイスです。

行程

行程は、高松港発で、大島女木島男木島とチャーター船で移動します。昼食付きで、17:15高松港解散。1日で3島回れるのはうれしい。

高松港へ

高松港へは、岡山駅からJR瀬戸大橋線で。宇野線と比べて本数多いのはいいですね。集合場所の高松港フェリーターミナルは駅から徒歩5分程度です。旅客ターミナル1階が集合場所。余談ですが、コインロッカーは男木島行きフェリーの出る四国汽船のターミナルが一番安い(200円)。

大島

まずはチャーター船で大島へ。船内で大島の概要についてガイドさんが説明してくれます。この手のツアーに一人で参加するのは初めてで、若干不安ではありましたが、意外と1人の参加者多くて安心。この日は参加者15名で、20代からご年配の方まで、1人参加の比率は思っていたより高かったですね。

ハンセン病療養所のある大島は入所者とスタッフしか住んでおらず、見学できるのは旧居住区エリアが中心です。エリア分けされており、島民との接触はないです。トイレはありますが、食事するとこや自販機は無し。こえび隊ガイドツアーもあるみたい。閉館16時なのでご注意を。

昔、入所者の住居として使われていた長屋住宅にいろいろと作品が展示されています。コロナ渦で似たような光景を目にした身としては胸に突き刺さりますね。

海の中で見つかった石製の解剖台も展示されています。

かつて島民は一般社会とは完全に分断されて生活していたとのこと。島内専用通貨が流通していて、例えは不適切かもしれませんが完全にカイジの地下労働の世界です…。

ツアーでは、時間の都合で少し離れたとこにあるリングワンデルングという展示は見れませんでしたが、2時間みとけば療養所の展示も含めてゆっくり見学できるかな。3島とも靴脱いで見学するとこ多いので、脱ぎ履きしやすい靴がおすすめです。

女木島

続いては女木島へ。こちらは夏場は海水浴場として賑わっているようで、3島の中では一番栄えていますね。飲食店も何軒かありました。

会場の一角を借りてお昼休憩です。庭園の砂がポコポコ凹みます。教えてもらうまで気づきませんでした…。見逃さないように。

昼食のお弁当。成人男子だとちょっと量少なめかな。

お献立はこんな感じです。煮物がおいしかったなあ。

女木島名店街では、旧小学校の建物を利用していろいろな作品が展示されてます。砂浜に面したカフェもあるので休憩におすすめ。

少し時間が余ったので大竹伸朗さんの女根も見学できました(※旅程には入っていません)。植物はプラントハンターの西畠清順さんが調達しているらしい。

フェリーターミナル近くにあるナゾの石垣。

風除けの役割を果たすようです。ガイドさんが手作りの資料で解説してくれました。わかりやすい。

女木島では中心部の作品をメインに見学、昼食含めて約2時間半です。鬼ヶ島大洞窟など離れたとこにある作品はスキップしました。3時間あればすべての作品を見れるかな。ゆっくり回るなら半日は確保しときたい。

男木島

最後は男木島です。こちらは西側の斜面に集落が位置します。坂道多いですが、レッツゴー。

この島もあちこちにカフェが点在するので、食事やトイレに困ることはないです。景色いいですね。西に瀬戸内海の島々を望めて夕日が映えそう。

漣(さざなみ)の家。漁港倉庫の壁面を利用した作品です。男木島は芸術祭以降、移住者が増えて、小学校が復活したそう。この日は平日だったので下校する児童の姿をちらほら目にしました。

おや、向こうから歩いてくるおじいさんは…。

原研哉デザインの瀬戸芸2022ポスターのおじいちゃんではないですか。服装も杖も同じです。さすがにサングラスはかけてなかった。

一緒に写真に写ってくれました。ポスターの黄、赤、ピンク3人のじいちゃんばあちゃんはみんな男木島の住人だそう。これから行く方はぜひ探してください。

男木島は坂道が多く、作品も点在しているので、そこそこ歩きます。夕日がきれいな島なので、午後〜夕方に回るのがおすすめ。

まとめ☆☆☆☆☆

ということで、1日で一気に3島回ることができました。ツアーのまとめはこんな感じですかね。良かった点としては、チャーター船で回るのでとにかく楽ちんです。1日同じ船で回るので、大きな荷物は船内に置いていけます。ガイドさん、添乗員さんは小ネタをいろいろ提供してくれるので回ってて楽しい。1人で回ってたらサングラスのおじいちゃん見逃してましたしね。遠方から限られた日程で効率的に回りたいならツアーおすすめです。

難点は、やはり時間制限があるとこかな。作品は島内に点在するため、1日で3島は時間的にタイト、全作品見ることはできません。男木島の歩く方舟なんかは遠くから眺めるだけでした。岡山発のツアーなら2島だからもう少しゆっくり回れるんかな。のんびりと回りたいなら個人で各島最低でも半日は確保したほうがいいかも。ランチ食べて、カフェでまったりしてとかなら、女木島、男木島はそれぞれ1日あっても十分楽しめます。すでに過去に来たことがあって、新作だけ見たいとかであればツアーでもいいのかな。

注意点としては、結構歩くのでそれなりの準備しといたほうがいいですよ。ツアー中の歩行数は15,000歩ぐらい。あと、3島とも靴脱いで入る会場多いので、脱ぎ履きしやすい靴がおすすめです。

個人的には満足度かなり高くて、夏か秋に小豆島とか豊島のツアーにまた参加したいと思ってます。女木島、男木島もそれぞれ1日かけてじっくり回りたいですね。ということで大満足の星5つ。次回、男木島に行くときは黄色いサングラス持っていく。