【レビュー】瀬戸内国際芸術祭2022に行ってみた(宇野港)

瀬戸内国際芸術祭2022の夏会期がスタートしました。初日の8月5日に、宇野港&直島を散策してきたのでレポートです。

レンタサイクル

素通りしがちですが、宇野港周辺にもいくつか作品が展示しています。NHKの瀬戸内✕アート 瀬戸芸とわたし〜のんがめぐる新緑アート旅〜という番組で宇野港の作品を紹介していたので興味が湧いて行ってみることに。

JR宇野駅です。岡山駅から約1時間の港町。瀬戸大橋の無い時代は四国への玄関口で、高松行きのフェリーが行き交っていました。

1つめの作品は宇野駅前に展示されている終点の先へです。

こちらの自転車はレンタルして乗ることができるということで、せっかくなので借りてみることに。

宇野駅構内の観光案内所で申し込みできます。1日600円(要身分証明書、9〜17時※瀬戸芸期間中は19時まで)。

せっかくなので、のんさんと同じ赤色を指名。色は同じですがデザインが違いますね。全部で10台あって、駅前に吊るしてあるのがのんさんが乗ってたやつぽいです。変速器もカゴも付いてないし、鉄製で重たいので上り下りは厳しいですが、まあ、宇野港周辺は平らな道なので問題ないでしょう。

宇野港周辺

ということで出発。宇野ホテル向かいにある作品、本州からみた四国です。

宇野のチヌ。小さいほうはすべり台になってます。初めて見たときは何じゃコリャと思いましたが、宇野港の景色に溶け込んできましたね。今では欠かせない存在。

こちらは、赤い家は通信を求む。民家の中で地球儀がクルクル回ってます。

宇野港で一番見たかった作品は時間屋。NHKでのんさんが紹介してたやつ。番組は岡山・香川限定の放送でしたが、一部You TubeのNHK公式サイトにアップされています。

⬆You Tubeで見るをタップすると見れます

こんな感じで、天井から塩がパラパラ降ってます。

朝イチなので塩はそんなに溜まってません。

カップが置いてあるので、心の中で10秒数えて上から降ってくる塩をすくい取ります。10秒ぶんの塩を集める。

すくった塩は小瓶(300円)に詰めてお持ち帰りできます。宇野駅から徒歩5分ぐらいの場所にあるので、フェリーや電車の待ち時間に立ち寄ってもいいですね。

写真は日の出公園のS.F.(Seaside Friction)で、競輪場で使われていたベンチなどを使って作られた作品です。宇野駅からは少し離れた玉野競輪場の目の前なので、徒歩なら競輪場行きのタクシーを利用するのがいいかな。そのほか、市役所近くの海の記憶も少し離れたとこにありますが、それらを除けば宇野港周辺の作品は30〜40分あれば見れます。全部見るなら所要時間は自転車で1時間半ぐらい。

直島へ

9時スタートで10:30には宇野港散策終了です。平日だったので、あまり見るとこないんですよね。時間を持て余したので11時のフェリーに自転車載せて直島へ。

本村へ向かいお昼ごはん。うどん屋さんの石井商店です。昼前で満員。回転は早いのでそんな待つことはないです。

ぶっかけうどん(でかいん)600円。イリコだしのあっさり讃岐うどんです。隣の人が食べてた肉うどんもおいしそうでしたね。

この日は、直島ホール(直島町民会館)の内部見学(無料)ができました。犬島精錬所などデザインしている建築家三分一博志の作品です。

朝は天気よかったですが、13:30頃に突如大雨に。30分ぐらいで止んだので、その後、本村と宮浦あたりをウロウロして宇野港へ戻りました。

夏会期初日でしたが、地中美術館などは当日予約でも入れたみたいです。平日のためそんなに混んでない感じ。コロナ再拡大の影響もあるんかな。

その後、宇野駅近くのショッピングモールメルカ内にあるうのまち珈琲店でお茶しようかと思ったら閉まってたので、同じ施設内にある玉野市図書館がんばれタブチくんを読んで時間調整。作者のいしいひさいちさんは玉野市出身のマンガ家。街のいたる所にののちゃんの4コマ漫画が。

観光案内所に自転車を返却して終了。宇野駅の案内所には瀬戸芸グッズもいろいろ売ってます。直島で買いそこねた人はこちらでどうぞ。岡山県の観光クーポンも使えます。

UNO HOTEL

ちなみに今回は宇野駅前のUNO HOTELに前泊しました。

半個室キャビンタイプのお部屋で素泊まり6,600円。きれいなホテルでしたが、泊まった部屋は空調の音がかなりうるさかったですね。アコーディオンカーテンで隣の部屋の音はけっこう響きます。冷蔵庫ないのも微妙かも。

バス・トイレ別で、お風呂は共同のシャワールーム。共同のキッチンには冷蔵庫も置いてあるので、ここで飲み物ほか冷やしとくことはできます。

宇野駅&宇野港が目の前で立地は抜群ですが、半個室はあまりオススメしないかな。少しお値段高いですが上のグレードの部屋にするか、駅から離れてますが以前紹介した競輪ホテルのほうがよいかと。半個室の評価は星3.5点ぐらい。

総合評価☆☆☆☆☆

ということで、宇野港周辺の評価。少し寂れた港町で、あまり見るところはないですが、時代屋は瀬戸芸作品の中でもベスト3に入るぐらい好きかも。アート自転車借りて港町走るのも楽しかったですよ。たまの湯玉野競輪場競輪ホテルなど楽しめる施設もいくつかあるので、時間があればよってほしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿