【レビュー】DELL XPS 13のバッテリーを交換してみた


サブPCとして使っているDELL XPS 13の様子が最近どうもおかしいです。3か月前ぐらい前からタッチパッドが反応しなかったり、バッテリーの持ちが悪くなったりと、まあ購入してから5年ほど経つのでそれなりにガタはきてると思いますが。


バッテリー膨張


で、先日、ふとXPS 13のキーボードを眺めているとどうもこんもりと盛り上がってる。タッチパッドが浮いてるのは落としたかぶつけたときにネジでも外れたのかなと思ってましたが、キーボードのあたりまで顕著に膨らんでる。どうやらこれはバッテリーの膨張ですね。


ググってみるとXPS 13のバッテリー膨張報告が出てくるわ出てくるわ。リチウムイオンバッテリーが膨らんでるとか怖すぎ。しかし、保証期間外ということで有償交換で3-5万円程度の費用がかかるぽい。これ不良品だろ。日本のメーカーなら無償で交換するような不具合だと思うんですけど…。


DELLに問い合わせると、上の写真のとおり有償修理になることを告げられた上で、部品がないので修理不可とのこと。はあ?不良品売りつけといて、有償修理、部品がないって?ありえんわ。このあたり日本メーカーと比べるとテキトーすぎる。。。

調べてみると、日本メーカーは6〜7年は修理用の部品を保有しているようですが、DELLなど海外メーカーは保有期間を明記しておらず、モノによっては2年で部品切れで修理不可になることもあるよう。酷いな…。


バッテリー取り外し


バッテリー交換は簡単にできるようなので、とりあえず自分でやってみることに。調べたところXPS 13 9343という型番のバッテリーが適合するようです。



Aliexpressで探したところ互換バッテリーが6000円程度で売ってる。が、バッテリーという性質上、EMS発送の設定がなく、手元に届くまで早くても1ヶ月はかかりそう。

ちなみにAmazonでも取り扱いありますが、2,000円ほど高い上に中国からの発送のようであまりメリットを感じない。と思ったら国内発送のものもあるよう。急ぐならちょっと高いですがこちらでもよいかも。


てな感じで、このまま使うと爆発とか怖いので、取り急ぎバッテリーだけ外すことに。取り外しは簡単です。用意するものは、①プラスドライバートルクスレンチ(T6)分離ピックーなど。


トルクスレンチは星型のドライバーでT6というサイズが必要。分離ピックはすき間に差し込んで本体から底面パネルを剥がす工具です。マイナスドライバーでも代用できますが、キズが入るのであったほうが便利です。上の写真のようなトルクスレンチや分離ピックがセットになった商品がオススメです。


まずはトルクスレンチで本体裏面のT6ネジ8箇所を外します。


さらに中央にあるパネルをめくってプラスネジ1本を外します。


これでネジ類は取り外し完了。


続いて分離ピックを本体と背面パネルの間に差し込んで、背面パネルを外します。ピックを差し込んでひとまわりさせるとパカッと外れます。ここが一番手こずるポイント。



ごらんのとおりバッテリーがこんもりと盛り上がっています。これがタッチパッドを押し上げて浮かせていたみたい。そんなことも知らずタッチパッドをガシガシ押し込んでたよ…。4セルのうち2セルがこんな状態でした。怖い怖い。


ということでバッテリーを外していきます。まずはバッテリーを固定しているネジ✕4箇所をプラスドライバーで外します。


さらに、ケーブル固定用のテープを爪やマイナスドライバーなどで摘んで剥がします。


最後に本体につながっているバッテリーケーブルを抜くと完了。ケーブルを掴んで手前に引っ張れば簡単に外れます。


取り外したバッテリーはこんな感じ。2つのセルがパンパンに膨らんでいます。


CPUファン周りはけっこうホコリが溜まってますね。ついでにエアダスターできれいにしときましょう。


LANカード。バッテリー交換のついでにWIFI6対応のものに変えようかな…。AX200NGWというのが使えそう。➡交換してみました。詳しくはこちら。


ということで、今回はここまで。PCはバッテリーを外した状態でも問題なく使えるので、交換用バッテリーが届くまでは1ヶ月ほどバッテリー無しで使うことに。まあ、ほとんど自宅でしか使わないので支障はないけど。


総合評価☆★★★★
今回の評価は、DELLのアフターサービスです。こんな不良品売っといて有償交換はないわ…。いやいや、部品の在庫ないから有償修理すら拒否って…。バッテリーが使えなくなるだけならまだしも、膨張でタッチパッドやキーボードにも影響でてる。そもそも安全性という面で大いに疑問符ですね。ノートPCは、東芝SONYASUSLenovoと使ってきましたが今までこんな酷いトラブルはありませんでした。ということでブラックリスト入り。DELLのPCは2度と買わない。

0 件のコメント:

コメントを投稿