【レビュー】HDCP2.2解除できるHDMI Matrix スイッチャーを買ってみた


HDCP 2.2に対応したHDMI MatrixスイッチャーなるものをAmazonで見つけたのでポチッてみました。以前紹介したHDCP解除できるキャプチャーカードと同じ海賊王ブランドということで、HDCP解除できるのかも気になるところです。さっそく紹介していきます。

商品概要


商品は、海賊王HDMI 2.0b / HDCP 2.2対応 HDMI マトリックス スイッチャー(4 x 2 HDMI MATRIX SWITCH/SWITCHER) 入力4 / 出力2系統というもの。4系統のHDMI入力を2系統の出力に分配できるスイッチャーです。HDCP1.4版のものはいくつかあるようですが、HDCP2.2対応を謳ったものははじめて目にしました。


開封してみた


同梱品は写真のとおり。本体と電源用のMicro  USBケーブル、ACアダプター、赤外線リモコン、英文マニュアルが。


製品は、背面に電源用のMicro USB端子、HDMI出力2端子とHDMI入力4端子、。


前面には、音声出力(光+3.5mm)が各2端子と、EDID設定用のスイッチ、赤外線受光部、入力ソース選択ボタン+LEDが2セット配置されています。


背面には、EDIDの設定情報がプリントされています。0 or 1のスイッチを組み合わせることでEDIDを変更できます。


マトリックススイッチャー


マトリックススイッチャーという聞き慣れない機器ですが、要は①スプリッターと②セレクターの2機能を併せ持ったHDMI交差分配器です。


例えば、Amazon Fire TV からのHDMI入力をテレビプロジェクターの2系統のHDMIに同時出力するようなスプリッター的な使い方に加え、Fire TVHDDレコーダーPS4など4系統の入力を切り替えるセレクターとしての機能も備えています。HDMIケーブルをつなげておけば、PS4をテレビに、Fire TVをプロジェクターにと交差して分配することもできる便利な機器です。


とりあえずこんな感じで繋げてみました。出力先はテレビとプロジェクターです。入力は①EVBOXFire TVSWITCHiPad miniの4つ。我が家のテレビは4K入力が1系統しかないため、上記のような繋げ方で、通常はテレビ用のセレクターとして使いますが、プロジェクターを使用するときもボタン1つで各機種を簡単に切り替えできるようになりました。これはかなり便利です。


HDCP 2.2解除
で、ここからが本番です。最大の関心事は、このスイッチャーでHDCP 2.2の解除ができるのか。


ちなみに、以前に紹介しましたが、今まで使っていたセレクターは写真の商品です。こちらも中国製で、入力5系統、出力1系統。HDCP 2.2の機器も問題なく使え、使い勝手はすこぶるよいですが、HDCPの解除ができず、動画キャプチャーはできませんでした。


新しいマトリックススイッチャーはどうでしょう。Fire  TV  Stick 4Kをスイッチャー経由で4K録画できるNINJA ASSASSINにつなげて、AmazonプライムビデオのUHD動画を再生してみると…


ふつうにキャプチャーできました。HDCP 2.2解除完了です。キャプチャーカードでは最大1080P 60fpsまででしたが、このスイッチャー+4KレコーダーならUHDソースがそのままキャプチャーできてしまいます。すごい…。まあ、実際のところ4K UHDでキャプチャーする場面は限られると思いますが、4Kレコーダーさえ手に入れば、簡単に各種ソースがキャプチャーできそう。


総合評価☆☆☆☆☆
HDMIスプリッター&セレクターとしての機能だけ見てもかなり使い勝手はいいです。プロジェクターで映画見るときなど音声をスピーカーに光デジタル経由でつなげることもできます。これ1台で今までの悩みがすべて解消されました。

加えて、HDCP 2.2が解除できるということで文句のつけようがありません。画質にこだわるなら、このスイッチャー経由でNINJA ASSASSINでキャプチャーもできるようになりました。うれしすぎる…。

0 件のコメント:

コメントを投稿