【レビュー】EVPAD 6Pが起動しなくなったのでROM焼きしてみた

EVPAD 6Pが突然起動しなくなったので、ファームウェアを修復しました。同じような症状が起きたときのために手順をまとめておきます。ついでに、EVPAD 6Pの初期設定最新版もご紹介です。

※EVPADの販売状況など最新情報はこちらで更新しています。

起動しなくなった

7月に入ってEVPAD 6Pが突然起動しなくなりました。電源入れると、動画のようにロゴ画面が繰り返し表示されるだけでホーム画面が表示されません。やれやれ。

EVPADホームページに記載のメールアドレスから問い合わせると、システムをリセットしてくれと案内が。別途、WeTransferのダウンロードリンクが送られてきました。対応早いですね。

システムリセット

ということで、復旧作業スタートです。ここからはWindows PCでの作業になります。送られてきたWeTransferのリンク先から1.61GBのZIPファイルをダウンロード。解凍すると、フォルダの中にフェニックスのFirmware更新アプリとイメージファイル、説明動画などのファイルが含まれていました。手順としては、書き込みアプリ(PhoneixUSBPro_CN)をインストールして、そのアプリでイメージファイル(h616-EVPAD-6GEN-20220521_v1.11.img)をEVPAD本体に書き込むということになります。

PhoenixUSBPro_CNをクリックすると、ファーム更新アプリがインストールされます。インストールされたアプリを起動すると写真のような画面が表示されます。左上のImageボタンをクリックし、解凍したフォルダ内のイメージファイル(h616-EVPAD-6GEN-20220521_v1.11.img)を指定します。

画面上のStartボタンを押すと、右上のバツマークチェックマークに変わります。

EVPAD本体のUSBポート横にあるピンホールにSIMピンのような先の尖ったものを挿し込むと、クリック感があるのでそこを押さえた状態で、PCに繋いだUSBケーブルを2.0ポート側(黒いほう)に挿し込みます。なお、ACアダプターは繋げていません。

PCがEVPADを外部ドライブとして認識し、イメージファイルの書き込みがスタートします。

Progressが100%になると書き込み完了です。これで出荷状態に戻りました。あとはPCから外してACアダプターに繋いで起動すればオッケーです。

初期設定

ROMを書き込んだEVPADは出荷状態に戻っているので、購入時と同じように初期設定をしていきます。言語に日本語を選択します。

自宅の無線ネットワークを選択し、パスワードを入力します。

問題なくネットワークに接続できました。

無事、ホーム画面が表示されました。2年前の購入時はホーム画面でリモコンの6868を押せば視聴アプリをインストールできましたが、現在は法律上の問題で外部サイトからアプリをダウンロードしてインストールするように変更されています。

Chromeブラウザを起動して、アドレス欄に6868jx.comを入力するとアプリのダウンロードページが開きます。2022BoxV6(文字の部分)をクリックするとアプリのダウンロードとインストールが始まります。なお、2023金星商城EVPAD 10P用のアプリなので、インストールしても使えません。

アプリストアから各種視聴アプリ等をインストールできます。必要なアプリをインストールして復旧作業が完了です。

アダルト動画の視聴方法は以前の記事を参考にしてください。

評価☆☆☆☆☆

今回はEVPADサポートの評価です。問い合わせのメールをした翌日に返信がありました。英語でのやり取りになりますが、Google翻訳を使えばなんとかなります。サポートの対応は早いですね。無事復旧もできたので評価は満足星5つです。

0 件のコメント:

コメントを投稿