【レビュー】赤外線撮影対応スマホリスト


赤外線撮影のできるナイトビジョンカメラ(赤外線カメラ)を搭載した中華スマホについてまとめてみました。紹介するのは、各メーカーから発売されている現行モデルで、赤外線撮影機能を搭載したスマートフォンです。夜間の暗視撮影ができるほか、モノクロセンサーを活かした超高解像度撮影や赤外線透過撮影を楽しむことができます。それではさっそく見ていきましょう。

トレンド

はじめに購入ポイントを簡単に説明します。タフネススマホに搭載されるナイトビジョンカメラのトレンドとしては、2021年からオートフォーカス搭載のSONY製20MPセンサーが採用されるようになりました。2023年には、オムニビジョンの64MPセンサーを搭載したものが、一部ハイエンドモデルで採用されています。モノクロで6400万画素の超高精細な画像を撮影できます。同社からは、100MP、200MPのセンサーも登場しており、近い将来、さらに高画素なナイトビジョンカメラ登場が予測されます。

メインカメラについては、58MPや64MPセンサーが多く採用されていますが、ハイエンドモデルではサムスンの 100MPセンサー(ISOCELL HM2)や、200MPセンサー(ISOCELL HP1)を搭載するものも登場しています。

SoCについては、2023年末現在の主流は、MediaTekHelio G99です。antutuベンチマークのスコアを見ると、iPhone 8などに採用されているAppleA11 BionicSnapDragon 845 / 765を上回っています。一般的な用途であれば、スペック的には十分な性能といえるでしょう。上位機種では、5Gに対応したMediaTek Dimensity搭載モデルも登場しています。

メーカー

いずれのメーカーも、日本ではあまり馴染がありませんが、海外ではタフネススマホ(Rugged Phone)のブランドとして知名度があります。日本でいうところの京セラみたいな立ち位置ですかね。過去に、CATDOOGEEOUKITELIIIF150を使用していましたが、どのメーカーの製品もトラブルなく使えているので、品質面では大手メーカーと比べて大きく劣るということはないです。ただし、XiaomiOPPOのようなトップブランドと比べると、ハード的には一世代くらい遅れています。あと、カメラなどアプリ関係がやや弱いかなという印象です。

価格

価格は、昨今の円安の影響で最安モデルでも2万円台です。搭載するSoC性能や、サーマルカメラなど追加機能の有無で値段が異なります。ハイエンドモデルでは10万円を超えるものもあります。

日本のAmazonで取り扱いのあるモデルは、メーカー直営店では、中国本土と同程度もしくは、日本のほうが安いケースもあります。並行輸入品の場合は1〜2万円程高く販売されているケースが多いです。中国からの発送の店舗もあるのでご注意ください。

AliexpressBanggoodのような海外通販サイトを使ったほうが安く買える場合もありますが、初期不良のリスクや保証を考えると、数千円の価格差なら日本国内の店舗での購入をおすすめします。

【画素数

ここからは、商品選択のポイントを具体的に見ていきましょう。ナイトビジョンカメラ(赤外線カメラ)については、Raptorなど、ハイエンド機で6400万画素センサーを搭載したモデルが登場しています。画素数が高いほうがデジタルズームでも画質が劣化しにくいメリットがありますが、一方で、センサーあたりの受光面積が小さくなるので、暗所性能が劣るなどデメリットもあります。夜間の暗視撮影目的であれば、OUKITEL WP17などSONY製IMXセンサーを搭載した2000万画素のモデルもおすすめです。

搭載センサーは、20MPSONYIMX350(1/2.78 inch)、24MPOV24A1B(1/2.83 inch)、64MPOV64B(1/2 inch)を採用していると思われます。

【オートフォーカス

ナイトビジョンカメラは、サブカメラ的な扱いのため、古いモデルや廉価モデルでは、オートフォーカスに対応していないものがあります。オートフォーカス対応のモデルをおすすめします。

【露出補正

カメラアプリケーションについては、一部のメーカーでフルオート撮影しかできないものがあるようです。フルオートでは、撮影対象によっては白飛びや黒つぶれが起こるので、露出補正機能を搭載したものをおすすめします。OUKITELIIIF150のカメラアプリは、露出補正やフォーカスポイント選択に対応しているのを確認しています。

カメラ

メインカメラなど、カメラ機能はXiaomiなど大手メーカーの製品と比較すると、光学手ブレ補正非搭載など、スペック面で劣る部分があります。アプリについても必要最低限で、AI補正などの機能は搭載していません。メインカメラのセンサーはサムスンISOCELLSONYIMXが使われていますが、マクロや超広角などサブカメラはオムニビジョンなど安価な中国メーカーのものが採用されているものが多いので確認が必要です。

動画

動画については、フルHD 60fpsが主流です。上位機種では4K 30fps撮影できるものもあります。手ブレ補正はEISで、光学式手ブレ補正(OIS)を搭載したモデルはないようです。

サーマルカメラ

サーマルカメラについては、現行モデルではInfirayFLIRの解像度256×192のものが採用されています。一部上位機種では、500-1000メートルの遠距離撮影やオートフォーカスに対応したものがあります。

サイズ

unihertz Tank 3など、一部のモデルでは2万mAhを超える超大容量バッテリーを搭載しているものがあります。こういったモデルでは、重量、厚みとも大きくなって扱いが難しいものがあります。街なかで手にすると悪目立ちします。現在、私が使っているRaptor(359g)のバッテリー容量が10,000mAhですが、これでもかなり余裕があります。用途に合わせてサイズ感のあった製品を選ぶことをおすすめします。

メーカー別紹介

それでは、ここからナイトビジョンカメラ搭載の中華スマホを紹介していきます。2023年12月現在の情報です。掲載はメーカー名のアルファベット順です。製品写真があるものは、日本のAmazonで取り扱いがあり、画像タップで購入ページへリンクします。なお、ナイトビジョンカメラ機能をメインに取り上げる都合上、SoCディスプレイインカメラ性能などについては説明を省略しています。詳しいスペックはリンク先の商品ページで確認ください。

AGM】ナイトビジョンカメラはいずれも20MP、G2 Gardian搭載のサーマルカメラは最長500mの距離まで捕捉できるハイエンドモデルです。全体的にスペックの割に価格が高めです。


G2 Gardian(20MP/108MP):QCM6490/5G/500m Thermal(256×192)/7000mAh/405g[13.7万円]

G2 Pro(20MP/108MP):QCM6490/5G/Thermal(256×192)/7000mAh/405g[10.7万円]

G2(20MP/108MP):QCM6490/5G/7000mAh/405g[7.6万円]

Glory Pro(20MP/48MP):SD480/5G/Thermal(256×192)/6200mAh/370g[7.6万円]

Glory G1S(20MP/48MP):SD480/5G/Thermal(256×192)/5500mAh/315g[7.2万円]

Glory (20MP/48MP):SD480/5G/6200mAh/360g[6.1万円]

BLACKVIEWBLACKVIEWのナイトビジョンカメラ搭載モデルは、BL8800BV8800の2機種です。BLACKVIEWは日本のAmazonに直販店があるので入手しやすいです。


BL8800(20MP/50MP):Dimensity 700/5G/8380mAh/365g[5.1万円]

BV8800(20MP/50MP):G96/4G/8380mAh/365g[3.1万円]

CONQUEST】デジタル無線機(DMR)を搭載しているのが特徴です。

S23(20MP/108MP):Dimensity 900/5G/Thermal(256x192)/10000mAh/380g[10.1万円]

S22(20MP/48MP):Dimensity 800/5G/Thermal(256x192)/15200mAh/915g[10.1万円]※8インチタブレット

CUBOT5G対応のDIMENSITY搭載モデルでは比較的安価なラインナップです。

King Kong Star(24MP/100MP):Dimensity 700/5G/10600mAh/395g[3.7万円]

King Kong 9(24MP/100MP):G99/4G/10600mAh/390g[3万円]

DOOGEEDOOGEEV31 GTは、最長1000mまで捕捉できるサーマルカメラ搭載が特徴です。サーマルカメラの解像度が1080Pですが、搭載しているセンサーがInfirayTyny1-Cは256x192なので、おそらく、サブカメラと合成して生成しているものです。V30 PROでは、サムスンの200MPメインカメラが採用されています。

DOOGEE V31 GT(24MP/50MP):Dimensity 1080/5G/1000m Thermal/10800mAh/390g[6.1万円]

DOOGEE V30 PRO(24MP/200MP):Dimensity 7050/5G/10800mAh/321g[4.2万円]


DOOGEE V30(20MP/108MP):Dimensity 900/5G/10800mAh/376g[3.7万円]

DOOGEE V20 Pro(24MP/64MP):Dimensity 700/5G/Thermal/6000mAh/376g[3.7万円]

DOOGEE V MAX 5G(20MP/108MP):Dimensity 1080/5G/22000mAh/533g[5万円]

DOOGEE S98 PRO(20MP/48MP):G99/4G/Thermal(256x192)/6000mAh/320g[4.1万円]

FOSSiBOT

F102(20MP/108MP):G99/4G/16500mAh/492g[5万円]

HOTWAV】ナイトビジョンカメラ搭載は、Cyber 7のみですが、5G対応モデルとしては安価です。

Cyber 7(20MP/48MP):Dimensity 700/5G/8280mAh/337g[2.5万円]

IIIF150OUKITELのサブブランドです。フラッグシップモデルのRaptorは、64MP赤外線カメラと108MPメインカメラ、サーマルカメラを搭載しています。サーマルカメラが必要無いなら200MPメインカメラ搭載のB2 Ultraもオススメです。コンパクトさを取るならAir1 Ultraもよいでしょう。

Raptor→レビュー(64MP/108MP):G99/4G/Thermal(256x192)10000mAh/359g[5.2万円]

B2 Ultra(64MP/200MP):G99/4G/15000mAh/465g[3.6万円]

B2 Pro(24MP/108MP):G99/4G/10000mAh/349g[2.8万円]

B2(20MP/48MP):G99/4G/10000mAh/356g[2.1万円]

B1 PRO(20MP/48MP):G37/4G/10000mAh/356g[2.6万円]

Air1 Ultra+(24MP/64MP):G99/4G/7000mAh/289g[3.8万円]

Air1 Ultra(20MP/64MP):G99/4G/5000mAh/259g[3.6万円]

Air1 Pro(20MP/48MP):G37/4G/5000mAh/272g[2.5万円]

Infiray】サーマルカメラメーカーのInfirayでもオリジナルスマホを出しています。スペックの割に値段が高いですね。

PX1(20MP/48MP):SD480/5G/5500mAh/Thermal(256×192)/317g[13万円]

OUKITELOUKITELのタフネススマホはラインナップが充実しています。手頃な価格で比較的コンパクトなWP27WP17あたりがオススメです。

WP30 PRO(20MP/108MP):Dimensity 8050/5G/11000mAh/413g[5.9万円]

WP27(20MP/64MP):G99/4G/8500mAh/328g[2.6万円]

WP26(20MP/48MP):P90/4G/10000mAh/405g[2.9万円]

WP21 ULTRA(20MP/64MP):G99/4G/Thermal(256x192)/9800mAh/398g[5.6万円]

WP21(20MP/64MP):G99/4G/9800mAh/398g[3.5万円]

WP19 PRO(20MP/64MP):G99/4G/22000mAh/570g[6.1万円]

WP19(20MP/64MP):G95/4G/21000mAh/568g[4.9万円]

WP17→レビュー(20MP/64MP):G95/4G/8300mAh/320g[2.5万円]

【Ulefone】Helio G96でよければ、軽量で低価格のArmor 22はおすすめです。オプションでエンドスコープを取り付けできるのもおもしろいギミックです。

Armor 24(64MP/64MP):G96/4G/22000mAh/647g[3.4万円]

Armor 22(64MP/64MP):G96/4G/6600mAh/328g[2.4万円]

Armor 21(24MP/64MP):G99/4G/9600mAh/400g[3万円]

Unihertz / 8849UnihertzTank 3の、64MP赤外線カメラ&200MPメインカメラは魅力的ですが、いかんせん重すぎです。

Tank 3(64MP/200MP):Dimensity 8200/5G/23800mAh/666g[8.3万円]

Tank 2(64MP/108MP):G99/4G/15500mAh/530g[5.6万円]

まとめ

ということで、まとめです。現行モデルで赤外線カメラに重点を置いて選ぶと、高画素のOMNIVISION製64MPセンサーか、高感度のSONY製20MPセンサーの2択になるでしょう。加えて、サイズ感をどうするかですね。この2点にポイントを絞って、個人的なチョイスをいくつかしてみます。

64MPセンサーなら、サーマルカメラを搭載したIIIF150 Raptorや、2億画素メインカメラを搭載したB2 Ultraがおすすめです。Raptorは現在、サブ機として使っていますが、全体的なバランスがとれており、非常に使い勝手がよいです。価格面では、UlefoneArmor 22が気になりますが、レビュー動画を見た感じでは、オートフォーカスには対応しているものの、露出補正ができるかどうかが不明な点がザンネンです。

20MPセンサーモデルでは、IIIF150 Air1 Ultraが第1候補に上がります。タフネススマホで259gという軽さは、やはり魅力的です。5G対応のDimensity版が出たら買い足すかもしれませんね。コスパ重視ならOUKITEL WP27WP17もよいでしょう。

実際に使ったことのあるOUKITELIIIF150がおすすめになってしまいますが、やはり、ナイトビジョンカメラを重視するなら、オートフォーカス対応や、露出補正などアプリの使い勝手は大事なポイントなので、そのあたりの情報が不足する機種はなかなか推しづらいです。それ以外のメーカーで情報ありましたらコメント欄で情報共有とチャンネル登録いただけるとうれしいです。

【レビュー】Cマウントレンズが装着できるWiFiカメラユニットSVBONY SC001を買ってみた(撮影編)

Cマウントレンズを装着して動画撮影ができるWiFiカメラユニットSVBONY SC001レビューの続きです。今回は、SC001シグマの望遠レンズAPO 50-500mmを装着して、センサーサイズの小さいSC001の利点を生かした超望遠撮影にチャレンジしてみました。2倍テレコンを付けて、約1キロ離れたホテルの超望遠撮影にもチャレンジです。果たしてどこまで撮れるでしょうか。それではさっそく検証スタートです。

超望遠撮影

撮影場所は、岡山県総合グラウンドです。スマホのメインレンズ(POCO F3 35mm換算26mm相当)で撮影すると、このような感じです。ここから、SC001を使って、池の向こうにある津島遺跡の看板にズームインします。

Googleマップで見るとこのような場所です。池手前の看板までが40メートル、池の向こうの遺跡前の看板までの距離が175メートルです。

シグマ APO 50-500mmに取り付けるとこのような感じになります。レンズ側に三脚取付用のレンズサポートが付いているので、取り回しも簡単です。

それでは撮影を始めます。広角端の50mmでもこんなに寄れます。45メートル離れた池の手前にある看板の文字がしっかり写っています(※写真をタップすると拡大されます)。1/2.7インチセンサーなので、50mmでも、かなりズームして撮れます。

500mmの望遠端まで上げると、175メートル離れた対岸の看板の文字もなんとか読めます。さすがにトラベル三脚では揺れまくって使いづらいです。がっしりした三脚が必要ですね。

次は、公園東側にあるホテルに照準を合わせてみましょう。

撮影地点からの距離は320メートルです。

35ミリ換算で52ミリとなるスマホの2倍ズームだと、これぐらいの画角になります。

50mmの画像です。50mmでも、センサーサイズの効果で45倍程度の倍率になります。

望遠端の500ミリだと部屋の中まで映りそうですね。なお、一般的な自由雲台では、望遠端でのレンズの角度調整がシビアなので、ビクセンの微動雲台の使用がおすすめです。


別日ですが、TAMRON 150-600mmを装着して、旭川の河原から岡山城を撮影です。

あいにくの曇り空です。スマホのメインカメラだとこのような感じです。岡山城天守閣までの距離は360メートルです。

600mmのレンズだと、ここまで寄れます。IRフィルターは外しています。岡山城天守閣の桐の紋瓦です。

続いては、シグマ50-500mm2倍テレコンを付けて撮影してみました。マンション屋上の階段から岡山駅方面へ直線で900m離れたホテルを撮影です。時間は夜8時ぐらいです。

2倍テレコンを付けた状態では、広角端(50mm)ではピントが合いませんでした。

1000mmの望遠端です。2倍テレコンを付けているので、絞りは開放側でもF13まで落ちます。さすがにピントがかなりシビアです。ホテル最上階のレストランの中が見えますね。中国国慶節に合わせて龍の飾りがしてあるようです。画質はかなり悪いですが、ここまで離れた距離で、中の様子がわかるほど写るとは想像もしていませんでした。

暗視機能

続いては、暗視機能を試してみましょう。夜の公園です。街灯のない、かなり暗めの場所を選んでみました。ここでは、感度を上げるためIRフィルターは外しています。

赤外線ライトを当てて、Raptorの赤外線カメラで撮影するとこんな感じです。中央の明るくなっている箇所は赤外線ライトの明かりです。

写真のような商品です。赤外線のみ照射するので、目視では明かりが見えません。発光部がほんのり赤くなるぐらいです。

SC001で撮影すると中央の看板がなんとなく見えます。距離は30メートルぐらいです。小型のLEDライトなので、光量が足りないようです。このあたりが限界ですかね。

15メートルぐらいの距離なら、暗闇でもこんなにはっきり映ります。夜間撮影目的ならカメラの性能的には十分です。遠くのものを撮影できるかは、赤外線ライトの光量次第です。大型の赤外線LEDライトが欲しくなりますね。

赤外線撮影

赤外線撮影も試してみました。今の季節は、紅葉を赤外線写真で撮るのもおもしろいです。

IRフィルターを挟むことで可視光を遮断し、800nm以上の近赤外線域の光のみを撮影できます。晴天下など赤外線量が多い環境での撮影に適しています。改造方法など詳しくは前回の記事を参照ください。

赤外線には、可視光と比べると物質を透過しやすい特性があります。生地など素材によっては、衣類を透過して肌の表面で反射するため、ひと昔前にSONYのナイトショットカメラで話題になった透け透け写真が撮影できます。

まとめ

ということで、まとめです。SC001のセンサーサイズは1/2.7インチと、一般的なデジカメと比べると小さいので、キヤノン EFマウント用のレンズを装着することで、かなりの倍率を稼げます。シグマ50-500mmでは、かなり遠くの被写体でもズームできるのが魅力的ですね。300mm程度の安価なレンズでもかなりの高倍率ズーム撮影が楽しめます。

マニュアルフォーカスのためピントの微調整は手こずりますし、最新のミラーレスカメラなどと比べると画質は劣りますが、デジカメでは不可能な超望遠撮影が、安価にできるのは大きな魅力です。

暗視機能については、センサーサイズが小さいので、 SONY α7Sのような超高感度センサーを搭載したカメラと比べると、暗所耐性は弱いかなという印象です。高画質で撮影するには、大型の赤外線ライトが必要になります。さらに高感度高画質の新モデル登場を期待したいですね。