【レビュー】ミラーレスにもつかえる小型ジンバルMOZA Mini Pを買ってみた

ミラーレスカメラPanasonic GH-4用にMOZAの小型ジンバルMOZA Mini Pを買ってみたのでレビューです。

商品概要

商品はMOZA社の発売する小型ジンバルスタビライザーMOZA Mini Pです。最大積載荷重(ペイロード)900グラムで小型ミラーレスカメラならギリ載せれるスペック。

本体重量694グラムと軽量で、コンパクトに折り畳めるのが最大の特徴でしょう。以前紹介したMOZA Slypodと連携してアプリで撮影することもできます。

開封してみた

商品はAliexpressで購入です。送料込みで17,624円。日本のAmazonだと26,820円なので9,000円ぐらい安く買えました(※Amazonでセール中で2.3万円で買えますね)。Aliexpress Stndard Shipping配送で、6/26注文で7/12到着です。

商品は、折りたたまれた状態でケースに入ってます。

同梱品はこんな感じ。本体のほかに、ミニ三脚、L型プレート、スマホホルダー。USBケーブル、説明書です。

USBケーブルは充電用のType A → Type Cとカメラ接続用のMini→ Micro の2本です。mini USB Type Bの端子は久しぶりに見ましたね…。

miniケーブルは、ジンバル本体とカメラを接続するためのものです。

カメラ取付用のL型プレートはアルカスイス規格より小さい幅20mmの独自規格です。

本体+プレートて716グラム。ミラーレス用のジンバルとしてはかなり軽量です。

使ってみた

さっそく使ってみましょう。製品は折り畳まれているのでまず展開します。ロック解除し、ジンバル側を引き上げます。硬めなので少し力を入れないと展開できません。

展開するとこんな感じ。ここからカメラを取り付けていきます。

GH4オリンパス9-18mmを付けた状態で790グラム。この構成ならペイロード900グラムの範囲内でオッケーです。

ミニ三脚付けた状態でジンバルを立てて、カメラを取り付けます。はじめに2箇所のロックを解除します。

X軸とY軸を前後左右に調整してバランスを取ります。ある程度バランス取れていればあとはモーターが調整してくれるので、そんな厳密にする必要はないです。レンズは軽いので、さほど影響ないですが、モニターは展開した状態で調整しておかないと正常に動作しませんでした。

最後にZ軸のロックボタンを解除すれば準備完了。

電源ボタン長押しでスタビライザーが作動します。展開から調整は慣れれば2-3分でできます。とりあえずはこれで使えるようになりました。付属のUSBケーブルをカメラに繋げればジンバル本体から録画オンオフの操作ができます。スマホアプリを使えば、離れたとこからパンチルトなど操作もできます。

総合評価☆☆☆☆☆

コンパクトに折り畳めるサイズ感はいいですね。以前紹介したスマホ用ジンバルのZhiyun Smooth 4(550グラム)と同程度のサイズ感でミラーレス機が使えるのはうれしいです。

スペック的にはGH4+軽量レンズでギリ使えるかなという感じ。M43はもちろん、APS-Cやα7シリーズあたりなら重いレンズを付けなければ大丈夫です。サイズ感を優先するならMini Pはよい選択肢だと思います。ただ、スマホ専用のジンバルとして使うには展開面倒だし少し大きいかな。

最大の利点は、前回紹介したSlypodと連携できるとこでしょう。次回詳しく紹介しますが、アプリ1つでスライダーとジンバルが操作できるのはうれしいです。ということで、評価は満足の星5つ。

0 件のコメント:

コメントを投稿