【レビュー】ダイソンDC62のバッテリー交換してみた

我が家のダイソンのDC62バッテリーが遂に死亡。ということで、バッテリー交換することにしました。購入したのはAliexpressで見つけたバッテリー容量38,000mAhのやつ。送料込みで3,134円なり。

開封してみた

Aliexpressで12月13日に注文した商品ですが、調度1ヶ月後の1月12日に到着です。バッテリーなもんでもっとかかるかと思いましたが、意外と早く着いた。

見た目は純正品とほぼ同じ。ただし、純正品のバッテリー容量2,100mAhに対して、こちらは38,000mAhとのこと。約18倍です。ほんまかいな?

交換の前に

ということで、さっそく交換してみようと思います。バッテリーは、①取っ手裏と②透明のダストボックスを外したとこにあるプラスネジを外すだけ。スポッと抜けます。思ったより簡単ですね。とりあえずはこれで完成なのですが、思いの外、各所にホコリが溜まっていたので、もう少し分解して清掃してみることに。

濡れた雑巾でホコリを拭き取り、、、と思ったら上の写真の青い網目の中にホコリがかなり溜まってます。この箇所も分解できるようですが、どうも難しそうですね。見たところ配線のみで電気パーツとか使ってなさそうなので、網の中はシャワーで洗い流しました。

あとは、乾燥させて再組立で完了。スイッチオンで、かなりパワーアップしましたね。あとは、バッテリーが公称どおり38,000mAhあるか。純正はバッテリー容量少なくて10分も使えなかったのが難点でしたが、交換でどうなりますか。追って報告します。

総合評価☆☆☆☆☆

とりあえず、問題なく使えてますし、価格も安かったので星5つ付けておきましょう。交換するならオススメです。

0 件のコメント:

コメントを投稿